2017年11月18日土曜日

BGY(ブルー、ゴールド、イエロー)計画の発明者劉延東




 日本語翻訳:日本郭文貴後援会

 劉延東氏という女性は、統戦部の副部長でした。大勢の方が彼女のこの職務を忘れていたと思います。BGY(ブルー、ゴールド、イエロー)計画は劉延東氏が発明したものです。このBGY計画は今回私の曝露で、更にツイッターの皆達の拡散によって、誰も知っているようになりました。私たちがやっていることは彼らが強く推進、普及しているBGYに対する大きな打撃を与えたのです。

 この状況が全世界にも見られています。これほどまでに、世界中に中国政府内部の悪行が露出され、大勢の中国人の真実の声がツイッターを通して世界に届けられることはこれまではありませんでした。私たちが今行っている行動は、中国共産党政府の運命を大きくおびやかしています。

彼らにとっては、ツイッター党(中共が命名した)と、私達が9ヶ月間曝露したことは、中国現代史上の未曾有な挑戦です。私達は邪悪に対する巨大な反対勢力であることを示しています。趙岩さん、明镜メディア、郭宝胜さん、耿炎さん、及び日本、豪州の声メディアなどの方々は、今自分たちの行っていることは、重要な歴史の一端を担っていることをどうかご自覚ください。誰にも、この真実を否定することはできませんし、私たちは悪に対する勝利に十分な自信と決意を持たなくてはなりません!

「藍金黄計画」とは、「ブルー、ゴールド、イエロー計画」です。

ブルー:情報アクセス、プロフェッショナルな名声。報道メディアが協力的だと判断された場合は、盗賊政治のグループはより寛大なアクセスを許可し、西側のメディアの好みに合うが、支配階級の安定を損なわない程度のいわゆる内部情報を供給する。非協力的なメディアに対してはビザさえも供与されない。

ゴールド:企業への財政的みかえり。国は脱税については目をつぶるが、国が(その企業の)利用価値を認めなくなった際には突然、刑事告発の証拠とされることもある。

イエロー:セックス スキャンダル、ハニートラップ すべては社会的インベントでの無害な集まりから始まるが、西側の人間はほどなくセックススキャンダルの罠にかけられたことに気づき、そうなれば盗賊政治へ屈服せざるを得なくなる。

0 件のコメント:

コメントを投稿